忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

森の老人:勝ち取れ、未来を。

=============================

目的】
村の防衛

行動】
・ボーンと行動し、前衛・後衛の2人1組が1~2体を全員で集中攻撃
・吹き飛ばされなかった奴には、吹き飛ばしを持った者が
攻撃可能ならそちらに任せるが、
他にも居るようなら“毒無し”の『ダメージが大きそうな奴』
・『村に近い奴』を最優先で集中して叩く。
・ツルの巻きつき、締め上げ攻撃に充分に気を付け、後衛にツルが行きそうなら剣でいなす。捕縛されたらツルを切るなどして早急に脱出に勤める
・最初は3マヒとチャージを狙いサンダーボルトを使用、どちらかが効いたら残像剣を使用
・残像剣とサンダーボルトを織り交ぜながら攻撃
・GUTS値が半分くらいになったらバトルソードで回復、最大使用数は1回
・最初に担当した森の老人が倒せたら、レイナの優先度に倣い対応

・毒無しが倒せたら、毒持ちを集中攻撃
・サンダーボルトでチャージを狙い、エンチャント時は残像剣を使う
・GUTS値が半分くらいになったら回復、最大使用数は2回

PR

今日という終わりに。

過ぎていく時に反し

あまりにも希薄で

それでも

そこには何かがあり

幸福であったと感じるには

十分だった


ここで得た全てに感謝を

そして

私が明日にも失うものに

どうか

何も残らぬように



皆の往く道に幸多き事を

屑星

凍てつく空気が星を輝かせるというのなら

吐き出される息すら凍らせるというのなら

このまぼろしを

ただの瞬きと

それで

充分だ。

緑の虫で過ごす夜

―――また駄目か。

目当ての物が見つからないと言うのは…
ぶつけ様の無い苛立ちが溜まっていくものだ。

私には特別な日とはならないのだが、
そうしてもいい日、ではあるようなのだ。

しかし―――苦手だな、その、何もかも…。

でも、そうしてもいい日だというのなら、
私もそうしよう。

踊る足跡と

纏わりつく何かに視線を向けると、
石の道に溶け込むような、猫

何が欲しいのか
離れない

何気なく声を掛け
そいつの気が済むまで一緒に歩く事にした

―――やあ、私はお前の儚さを知っているよ

プロフィール

name:
Duca Walter
job:
魔法剣士
memo:
「初めに空を見上げる権利を得たのは私たちなのだろう―――」

 

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 

最新CM

 

最新TB

 

バーコード

 

ブログ内検索

 

フリーエリア

 

P R